TimeBizの魅力

通信データを暗号化

TimeBiz では、SSL暗号化通信(以下、SSL)を通信データの盗聴対策として標準導入しています。
SSL対応のスマートフォンなど、モバイル機器からでも安心してご利用いただけます。

SSLとは?

SSL

URLが「https:」で始まるサイトにアクセスすると鍵のマークがWebブラウザーに表示されます。

SSLは暗号通信プロトコルです。
WebブラウザーとWebサーバー間の通信内容を暗号化して判読不能にします。
「https:」で始まるURLのサイトは、そのサイト全体が暗号化されていて、安全に大切な情報を送受信できることを示しています。

重要なSSLの役割

SSL

WebブラウザーとWebサーバー間は、HTTP というプロトコルで通信しています。
しかし HTTP はセキュリティ機能を持たないため、悪意ある第三者がいると、個人情報などの重要な情報を盗聴される恐れがあります。

そこで、WebブラウザーとWebサーバー間の情報を、安全で信頼してやりとりできる
仕組みのSSLが必要になります。

TimeBizでは、お客様のWebブラウザーとTimeBizサーバー間で自動的に暗号化通信の処理が行われるため、特別な操作やアプリケーションは一切不要です。

権限でセキュリティコントロール

TimeBiz では役割や責務に応じたアクセス権限により利用者の環境を整え、
非公開や社外秘などの情報を含んだ重要なデータのセキュリティコントロールを可能にしています。

権限の設定を柔軟に

権限の設定対象

TimeBizは、企業・団体・各種組合・各種学校・スモールオフィスのネットワーク等々、様々な形態・組織での運用に適しています。
また、牽制制度にも対応しています。

牽制制度に対応

アクセス権限を詳細に設定

詳細な権限設定(メンバー単位)
詳細な権限設定(グループ単位)

TimeBizでは、「データ閲覧」 「データ書込み」 「データ削除」 などの操作に対し、メンバーやグループごとにアクセス権限を設定することが可能です。

権限なし
基本的に閲覧ができなくなります。
役員専用会議室など、一般社員に非公開する場合などに利用します。
読込権限
他のメンバーが登録したデータの閲覧が可能になります。
書込み・削除はできません。
書込権限
権限のある機能で、データの閲覧・書込み・削除が可能になります。
他のメンバーが登録したデータの削除はできません。
全権限
各メンバー・各機能のデータの閲覧・書込み・削除ができます。
管理者などの特別な役職のメンバーに設定します。

上記のようにTimeBizでアクセスできる範囲を細かく設定することで、メンバーやグループの行動範囲を明確にし、情報をどこまで共有するかコントロールできます。

※ 初期の設定は権限を使用しない状態としています。

同じ状態を安心して毎日ご利用いただけます

日常的なお客様の業務において、ASPのプロフェッショナルとして安心して毎日 TimeBiz を利用していただくため、データは細心の注意を払ってお預かりしています。

回線環境は高い信頼性

回線

TimeBizのインターネット接続回線には、品質と信頼性の高い KDDI 通信網を採用しています。

  • 通信状況を安定して確保しています。
  • 耐障害性が高い冗長構成バックボーンで、信頼性とお客様のご利用環境の向上に配慮した仕様です。

専用サーバーシステムで安心

24時間サーバーシステム

非常時に備えて以下のシステムで用意した専用サーバーシステムを運用しています。

  • 監視体制は24時間365日。
  • 大容量のテープストリーマーによる1日1回のデータバックアップに加え、
    RAIDによる常時バックアップ。
  • 自家発電機と無停電電源装置による電力供給で停電時も安心。
  • 常に予備サーバを準備。障害時でもスムーズに交換できます。

データ復元サービスでもしもの時に備える

バックアップ

TimeBizでは「重要なデータを削除してしまった!」などの緊急事態に対応するため、「データ復元サービス」を行っています。
復元可能な最新のデータを、バックアップしているデータの中からお客様の TimeBiz へ戻すことが可能です。

※ データ復元サービスについて

  • ご依頼1回につき、3,000円(税抜)の料金がかかります。
  • データ復元の際は、すべてのデータを復元します。
    データを個別に復元はできませんので、ご依頼内容によってはご希望に添えない場合もございます。
  • データ復元の際は、現在のデータに対してすべて上書きとなります。
    このため、復元するバックアップデータの日時が最新となり、この日時以降のデータは削除されます。
    復元サービスをご利用いただく際は、事前にご確認されたうえでご依頼ください。
  • 「契約者管理メニュー」 より復元サービスのご依頼が可能です。
    アクセスにはユーザー名とパスワードが必要になります。
    契約者管理メニューについて
ページトップへ